仲間はずれ | ヒューマンナビ

人間関係の悩みを解決

職場等における人間関係の悩みを解決し、
より良く生きるためのヒントをアドバイスするのがこの「ヒューマンナビ」です。

仲間はずれとは何か?

仲間はずれとは、その名の通り仲間から外すことです。外される側にとっては自分が所属していると思ったグループから村八分を喰らうような状況となり、仲間はずれをされている者とすれば立派な「いじめ」をされていることになります。

子供社会にしかないものと思われがちですが、どうしても人間合う合わないがあります。そのため、大人社会でも列記として存在するのがこの「仲間はずれ」なのです。


仲間はずれへの対策と対処法

「仲間はずれ」が起きる理由は、大きく2つあります。

  1. 自分以外の仲間の総意で仲間はずれとなる場合
  2. グループのボスが自分の事を嫌っている場合

それでは、それぞれの解決法を見てみましょう。

1.自分以外の仲間の総意で仲間はずれとなる場合

何故そうなるのかと言えば、その人物がいることにより、多くの仲間の目的が達成できない、ということにあります。

従って解決法もシンプルです。

この仲間・グループは、何を目的として集まっているグループなのか?ということを良く考えましょう。そしてその目的から反した行動や発言を必ずしているはずなので、そのポイントがどこなのかを良く見極めて修正するようにしましょう。分からなかった場合には、ズバリそれがどこなのかを仲間に聞くようにしましょう。それで修正する気になれば修正すれば良いですし、修正する気にならなければ、そもそもそのグループはあなたが在籍すべきグループではありません。ただし、職場のグループの場合には在籍しないなんてことも言っていられないので、最低限の仲間のルールというものは確認しましょう。

2.グループのボスが自分の事を嫌っている場合

これはちょっと厄介です。全員の総意の場合には案外自分自身でも修正できるポイントを指摘されることが多いのですが、特定人物に嫌われている場合というのは、そもそも修正の仕様が無い場合も多いのです。

いわゆる「生理的に受け付けない」というやつです。

この言葉は仲間はずれをする方からしてみれば非常に便利な言葉です。それ以上の理由を言わなくて良いんですから。

こういうグループに入ってしまったら、「いじめ」と思うレベルに達していないのであれば、まずは様子を見ましょう。そういう人はいずれ貴方以外の人も「仲間はずれ」にするはずです。大体仲間はずれをするような人がボスであるグループは黙っていてもいずれ崩壊しますよ。



人間関係 悩み別解決法