社内恋愛トラブル | ヒューマンナビ

人間関係の悩みを解決

職場等における人間関係の悩みを解決し、
より良く生きるためのヒントをアドバイスするのがこの「ヒューマンナビ」です。

社内恋愛トラブルとはどのような状態か?

何人かの男女が毎日集まれば、そこにはどうしても恋愛というものが生まれてしまうものです。では、この恋愛がトラブルという形になるのはどのような恋愛の場合でしょうか?大きくは下記4つのケースが考えられます。

  1. 社内火遊び
  2. 不倫
  3. 三角関係
  4. 禁止されている中での社内恋愛

そもそも恋愛と呼べないものも含まれていますが、この4つに当てはまる恋愛の場合には、社内で明るみになると確実に問題化し、仕事へ支障がでる場合もあります。最悪の場合には退職者を生むことにもなります。


社内恋愛トラブルへの対応方法・解決策

貴方がその渦中にあることを前提に、各ケースを元に解決法をご紹介します。

今一度社内恋愛トラブルに該当するケースをまとめると下記の通りです。

  1. 社内火遊び
  2. 不倫
  3. 三角関係
  4. 禁止されている中での社内恋愛

1.社内火遊びをしている場合

このコーナーをご覧になる方は、火遊びの加害者ではなく被害者の方だと思います。トラブルに感じる点としては、火遊びを繰り返されている場合でしょう。付き合ってはいないけど体の関係だけは重ねてしまっている。そんな場合にどうしたら良いのか分からないというものです。最悪のケースは、火遊びされた上に何故か自分の汚点を握られたようになり、脅迫的に関係を迫られている場合です。この場合には自分としても一度は火遊びしてしまった非はあると言えど、セクハラ被害ということもできます。セクハラコーナーにセクハラの場合の対処法を記載してありますのでこちらもご覧下さい。また、こうした男性は基本的に貴方以外の女性にも手を出す傾向がありますので、貴方の勇気ある一歩が偉大な一歩になる可能性もあります。

2.不倫をしている場合

このコーナーをご覧になる方で不倫をトラブルに感じている方というのは、不倫関係を解消したいor続けて良いのか分からないという場合でしょう。解消については、相手にその気が無いのであれば細心の注意を払わなければなりません。貴方が役職者であれば、相手が逆上して公開されてしまうことで貴方自身の名誉はもちろん職さえ失い兼ねないのです。最悪のケースでは家庭にヒビが入ることすらあります。円満に解決したいと思うのであれば、自分が魅力無い者になるか、新しい相手を斡旋してあげるか、のどちらかです。この状況が整っていないにも関わらず不倫の解消を持ち出すことは百害あって一利なしです。また、不倫を続けて良いかと悩んでいる方の場合には、相手も同じ気持ちであることが確認できるのであれば速やかに解消しましょう。ズルズル行くと双方にとって良い結果をもらたしません。不倫とは基本的には成就する事の無い恋愛なのですから。

3.三角関係にある場合

この問題が最も厄介なのは、3人の中の誰かが傷つき人間関係だけでなく仕事にも支障が出ている場合です。この場合というのは社内で噂になってしまうことが多く、貴方自身も仕事に集中できなかったりします。学校ではありませんのでこうした状況を青春の思い出などとは言っていられません。この場合の対処方は早期決着に尽きます。どういう状況であろうと、3人の中の2人をはっきりとさせることです。そしてはっきりしたことを3人で共有することが必要です。

4.禁止されている中での社内恋愛をしている場合

このケースは上記3つに比べて比較的問題視はされない場合もありますが、会社によっては罰則対象になるくらいに厳格に禁止されている場合もあります。恋愛を続けることを前提でお話すれば、これはもう隠し通すしかありません。潔く報告すれば許してもらえるのでは?という甘い期待もあるかもしれませんが、それでは規定を設けている意味がなくなります。会社は貴方だけのためにある訳ではないのです。会社が唯一歓迎してくれるとしたら、それは付き合っている報告ではなく結婚する報告です。ただし、禁止されている会社の場合にはどちらかが結婚を機に退職する必要はあるでしょう。



人間関係 悩み別解決法