同僚が嫌い | ヒューマンナビ

人間関係の悩みを解決

職場等における人間関係の悩みを解決し、
より良く生きるためのヒントをアドバイスするのがこの「ヒューマンナビ」です。

同僚が嫌いとはどのような状態か?

同僚が嫌いとは、同僚と合わない、もしくは合わせたくもない状態を指します。

合わないと思う人間がいるのは、人間であれば当たり前の状態です。しかし、職場は学校ではなくあくまで会社ですので働く相手を選ぶことはできません。ストレスの無い日々を送るためにもこうした感情の問題は自ら改善していく必要があります。


嫌いな同僚との関係を改善する方法

同僚が嫌いな理由としては大きく下記の5つが考えれます。

  1. 言動が生意気。
  2. 性格的が合わない。
  3. 生理的に合わない。
  4. ある事をきっかけに歯車が狂い始めた。
  5. そもそも何を考えているか分からない。

まず、前提として言えることとしては、好き嫌いというものは、感情ではなく動詞であると思うことです。つまり降って沸いてくるものではなく、自ら好きになるように動かなければ好きになることはできず、嫌いなままである。ということです。

これらの解決方法については、上司と合わない及び部下が生意気のコーナーでそれぞれ原因と対処法をまとめてあります。それぞれのコーナーで、上司や部下を同僚と置き換えて読んでいただくと同じ要領で解決することができます。

1の言動が生意気は、部下が生意気をご参照下さい。

2〜5については、上司と合わないをご参照下さい。

これらのコーナーで、とにかくアナタ自らが動いて解決できる道があるのだということをご理解いただければと思います。



人間関係 悩み別解決法